こだわりのフロアコーティングの特徴

まるで新築?施工によってこんなに違う

UVコーティングの特徴とこだわり

フロアコーティングの中でも長く保つと言われるUVコーティングは、何と20年以上も美しい状態を維持してくれます。
この施工は硬度が高く傷にも強いのが大きなメリットです。耐水性、耐薬品性、更には摩耗にも強いので、コストが発生しても良いので美しい状態を維持したいと考える方から人気を呼んでいます。
UVコーティングは薬剤を塗った後に特殊な機材を使って硬化するので、ウレタンの様に1ヶ月も乾燥時間は必要ありません。早くて半日~1日で硬化するのも、特徴です。
この施工方法はまだまだ新しい方法なので、取り扱っている業者が少ないのが難点です。冒頭で説明した様に、機材を使って硬化させる必要があるので、電気の通っていない建物では施工不可です。

ガラスコーティングの特徴とこだわり

ギラギラとした光沢では無く、自然且つ薄い被膜で施工出来るガラスコーティングは、フローリングの質感を大切にしたいという方から人気です。
このコーティング剤はUVコーティングと同じように傷に強く、耐久性もあります。フロアコーティングの中でも最も耐久性があり、メンテナンスが楽、安全性もお墨付きなので赤ちゃんが舐めてしまっても問題ありません。
耐久年数に関しては15~20年程度です。耐久性に申し分の無いガラスコーティングは、ガラス被膜を使っている為滑りにくさという点は、他の施工に劣っています。
ウレタンやシリコンの様に「剥げる」のではなく「割れる」場合があり、一度割れてしまうと補修が出来ないので全て剥離し、新たに施工し直さなければなりません。


この記事をシェアする