こだわりのフロアコーティングの特徴

フロアコーティングにはどんな効果があるの?

ウレタンの特徴とこだわり

フロアコーティングとして20年以上もの歴史のあるウレタンコーティングは、コーティングの中でも比較的安価な施工です。その為、初めてフロアコーティングを導入する方のほとんどはこの施工を選択するケースがほとんどです。
ウレタンは耐久性、強度が高く平均10年程は持ちます。ワックスの寿命が2~3年に比べるとかなり長持ちです。また安全性の高い薬剤を使っているので、小さなお子さんがいる家庭も安心です。
仕上がりは柔らかなふくらみを持ち、厚みがありますので摩耗にも強いのが特徴です。光沢はやや控えめなのでギラギラする事はありません。
但し完全に硬化するまでに1ヶ月程かかってしまうので、その間別のところで暮らさなければなりません。

シリコンの特徴とこだわり

ウレタンよりもやや費用はかかりますが、耐久年数が10~20年程とやや長いです。ウレタンには無い光沢が特徴で、より床材を美しく見せてくれるのが特徴です。ある程度のレベルは選択出来ますが、まるで鏡の様な光沢になるので、より清潔感が出ます。
シリコンは特殊な樹脂を使ったフロアコーティング施工なので、滑りにくく転倒防止にも役立ちます。その為高齢者がいる住宅や、福祉施設で施工される事もあります。
しかしシリコンコーティングは光沢がある施工が故に傷や汚れが目立ちやすく、こまめな拭き掃除が必要です。
また経年劣化した際に補修が難しく、一度剥離して再度コーティング材を敷き直さなければなりません。稀に被膜が黄色っぽく変化するケースもあります。


この記事をシェアする